ポッキーの日にちなんで○○の日で思うこと

11月11日はポッキーの日、というのが最近になって固定化した気がします。
数年前からCMなどでアピールしておりましたが、単に数字が並んでいるだけでそれ以外の由来はないんだと思いますが、なぜか覚えやすいなと思っています。
去年はポッキーダンスというのが流行りました。ちょうどこちらもCMでエグザイルの方々(でよかったかしら?)が踊っているのを10代の若者が真似をして踊っていたりするのを街中でも見かけておりました。
今年はあまりCMを見ていなかった気がしますけども、職場ではつい最近ポッキーの話題が出て、11日は食べなくてはねということを話していました。
CMをやらなくても十分に広まった、という事でしょうか。
ポッキーに限らず、まっすぐな棒状のお菓子なら何でもいい気がしますが、やはり言いやすいのはポッキーなのかな、と思います。
プリッツの日、トッポの日、チョコバットの日、などなど色々こじつけで作れますが、なんかやはりピンときませんね。
この記念日の動きは他にもあります。有名なのはホワイトデーでしょうか。
バレンタインのお返しにクッキーやキャンディーを男子から女子に渡す日としてだいぶ前から定着しておりますが、これはお菓子の会社が制定したものというのをつい最近知りまして、衝撃的でした。バレンタインはチョコの売り上げが伸びるので、ついでに1か月後にもイベントを作ってしまおうという事だったのでしょうね。
企業も○○の日をねらって売り上げを伸ばそうというのが結構ある気がします。まあ、なんでも関連づけて楽しくイベントができればそれはそれで良さそうですよね。
さて、話はポッキーの日に戻りまして、今年は私もその記念日に乗っかりましてポッキーを買いました。しかし通常の黒いチョコがけのポッキーはつまらないので、いちごポッキーを久しぶりに買ってみました。あまり最近はチョコ系のお菓子は買わなかったのですが、久しぶりに食べると美味しく感じました。こうやって○○の日を楽しむのもいいなと感じた今日一日でした。化粧品